少女歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-(スタリラ) 攻略

レヴュースタァライト Re LIVE(スタリラ) 第1話「舞台少女」の感想 攻略情報

レヴュースタァライト Re LIVE(スタリラ)攻略を目指すのであれば、アニメは観ておく事をおすすめします!
インターネットで動画を探せば見つかるので、ぜひ検索して1話からご覧になってみてください。

 

本ページでは、少女歌劇 レヴュースタァライト第1話「舞台少女」を観た感想をツラツラ書いていきます。
あくまで私個人の感想となりますので、気軽に読んでいただけると幸いです★

 

第1話「舞台少女」の個人的な感想

 

少女歌劇 レヴュースタァライト第1話「舞台少女」を観て、最初に思ったのは主人公である愛城華恋の印象が大きく違っていたところ。
スターになる心意気が人一倍強いのかと思いきや、意外と「自分に主役なんて〜」というスタンスだった事に少しびっくり。

 

そんな愛城華恋は神楽ひかりの転入によって、幼き頃の誓いを強く想うことになります。
今後の彼女の心の変化を見せるためにあえて、低い志を表現したのでしょうか。

 

神楽ひかりはミステリアス、という無表情なので何を考えているのかよくわからない感じです。
愛城華恋に何か怒っているのかな〜とも思いました。(実際避けているシーンが多々ありましたし)

 

迫力ある映像美に感激!!

 

少女歌劇 レヴュースタァライトでは毎回舞台少女たちが、オーディションを行います。
オーディションとは舞台少女たちが、舞台の上で頂点を目指し戦う場。

 

最も煌めいたレビューを見せた舞台少女が永遠のスターとなります。
目まぐるしく動き回るキャラたちはそれぞれの個性が際立っており、その迫力に圧倒。

 

昔テレビアニメで放送していた、少女革命ウテナと似ているような気がしました。
けっこう好きなアニメだったんですよね。

 

舞台少女たちの心の変化が楽しめる

 

少女歌劇 レヴュースタァライトには多くの舞台少女が登場します。
スターへの憧れ、ライバルへの嫉妬などいろいろな思いが錯綜し、成長する姿を楽しめます。

 

自分自身と重ね合わせてしまう部分もあったりして、他人事とは思えないシーンや思いもあるのか面白いです。
神楽ひかりの転入によって、物語は大きく展開していき、仲間との絆もどんどん深くなっていくのだと思います。

 

レヴュースタァライト Re LIVE(スタリラ) 第1話「舞台少女」の感想 攻略情報まとめ

 

レヴュースタァライト Re LIVE(スタリラ)のアニメ第1話「舞台少女」の感想は以上です。
物語の展開やそれぞれの少女の関係性、オーディションシーンの迫力など第1話から引き込まれるような内容でした。